家に眠っている楽器をどこよりも高く売りましょう。→ 記事を確認

歌上達の早道はストレッチにあり。体が伸びると歌も伸びる!

ボイトレを始める前に、必ず毎日やってほしいこと。それが体の柔軟体操です。

まず、わかりやすい例を出します。頭の中で、硬いタイヤのゴムを想像してください。

このゴムは喉の動きを支配する筋肉です。声色、音程、柔らかさを自由自在に変えたい時、このゴムが硬いと、これらを調整することが難しくなってしまいます。

また、この硬いゴムが、背中や胸やお腹の筋肉だった場合、どうなるでしょうか。

十分に息を取り入れることができず、ロングブレスや、音の強弱の表現の幅も狭まってしまいます。

体の筋肉を、歌にフルに活かす為には、柔らかく、しなやかな筋肉が必要なのです。

それでは、早速、歌に使う筋肉のストレッチをやっていきましょう!

歌の幅を広げる首のストレッチ

首の後ろ側のストレッチ

  1. 腕を頭の後ろに組みます
  2. 胸を前に突き出しながら、腕の重みで首の後ろ側を伸ばしていきます
  3. 30秒数えてゆっくり元に戻します

首の横側のストレッチ

  1. 右手を頭の上を通し、左耳あたりをつかみます
  2. そのまま腕の重みにまかせて首を右側に倒していきます
  3. そのまま30秒キープします
  4. ゆっくり元の状態に戻していきます
  5. 逆も同様に行ってください

喉のストレッチ

  1. 親指を喉にかけ、背中を少し丸めながら喉を伸ばしていきます
  2. そのまま30秒キープします
  3. ゆっくり元の姿勢に戻していきます

これらの3つのストレッチを3回繰り返します。

歌のストレッチは喉だけじゃない!肩回りのストレッチで歌の幅を広げよう

肩のストレッチ

  1. 右腕を左側にまっすぐ伸ばし、左手で右手にクロスするように置きます
  2. そのまま右肩が伸びるのを感じながら30秒キープします
  3. 逆の肩も同様にストレッチします

肩甲骨のストレッチ

  1. 両腕を頭の上にもっていきます
  2. 左腕で右腕の肘を掴みます
  3. 肩甲骨を動かすことを意識して、右肩周辺を30秒間じっくり伸ばしていきます
  4. ゆっくり元の姿勢に戻します
  5. 逆側も同様にストレッチします

肩甲骨のストレッチ2

  1. 右腕を90度に曲げ、体の前に持ってきます
  2. 左腕で右ひじを下から支えます
  3. そのまま肩甲骨の動きを意識しながら、左腕で右腕を頭のてっぺんに持ち上げるイメージで動かしていきます
  4. 痛気持ちいいところで30秒キープします
  5. ゆっくり元の姿勢に戻していきます
  6. 逆の肩甲骨も同様に伸ばしていきます

最後に、両肩に手のひらを乗せて肩甲骨をグルグル回していきます。

これらのストレッチを2回繰り返します。

歌には脇腹のストレッチもかなり大事!

脇腹をリリースするストレッチ

  1. 頭の上で手のひらを上に向けて組みます
  2. 腕を伸ばしたまま、脇腹が伸びるのを感じながら右側に体を倒していきます
  3. そのまま30秒キープします
  4. ゆっくり元の姿勢に戻していきます
  5. 逆側も同様に伸ばしていきます

歌に深みが増す!腰のストレッチ

腰ブラブラストレッチ

  1. 腰を立て、そのまま上半身をゆっくり折り曲げていきます
  2. 上半身の力を完全に抜いて脱力します
  3. 骨盤を左右に振って上半身をリラックスさせます
  4. 1分間上半身をブラブラさせます

上半身全ての力を抜くことを心がけてください。足が硬い人はの裏が伸びるかもしれませんが、自分ができる範囲で行ってください。

これらのストレッチは毎日行っていきましょう。

日々のストレッチが歌が上達する早道です!