家に眠っている楽器をどこよりも高く売りましょう。→ 記事を確認

まさに必須級!「リップロール」の正しいやり方を伝授!

リップロールとは、基礎を固めるボイトレの中でも必須クラスのトレーニングです。

毎日のボイトレに絶対におすすめのトレーニングですので、是非継続してみましょう。

簡単にできて、喉にもとても良い効果をもたらしてくれますよ!

オトネコ

どんな効果があるのかが知りたいから教えてクレメンス

リップロールの効果

無駄な力が抜ける為、無理のない発声ができるようになる

リップロールは脱力の練習でもあります。口回りや首の筋肉が脱力することで、音階を滑らかに表現できるようになります。

よく「歌は脱力」と言われていますが、リップロールでは、その感覚を掴みやすいので大変おすすめです。

喉が程よく温まり、喉を痛めにくくなる

リップロールは喉も一緒に震わせます。その為、喉の血流も良くなり、喉のダメージを減らしてくれることにもつながります。

ブレスコントロールが上手くできるようになる

リップロールでは、息を均一に吐き出していきます。その為、繊細な息の調整が必要です。リップロールを続けることにより、ブレスコントロールがよくなることが期待できます。

これにより、ロングトーンや、ささやくようなフレーズも、楽に歌うことができる体を作ることができます!

横隔膜など、お腹周りのインナーマッスルが目覚める

リップロールを行う際、腹式呼吸を使います。横隔膜等のお腹の内側の筋肉をコントロールする為、歌唱に役立つインナーマッスルを鍛えることができます。

オトネコ

こんなにたくさんの効果があるんだね。リップロールの正しいやり方が知りたいんだけど、どうすればいいのかしら

リップロールの正しいやり方

  1. 口周りをリラックスさせて、軽く閉じます
  2. 上唇と下唇をつけたまま、腹式呼吸を使って軽く息を吐きだします
  3. 唇がプルプルと震えるのと同時に、喉の震えも感じながら息を10秒間均一に吐き出していきます(10秒が難しい場合は5秒から始めましょう)

唇から息がスカスカ抜ける人は、口角を指で左右に引っ張ってあげたり、逆に口をすぼめた感じでやってみると、うまくいくことがあります!

自分がやりやすい形で行っていきましょう。

オトネコ

このサイトの管理人は、八重歯が絶妙に邪魔で、指を使わないとできないって嘆いてるって、ばあちゃんが言ってたぞ

リップロールのコツ

まず1番大切にしてほしいのは、「喉が震える感覚」です。
唇に意識が向いてしまいがちですが、実喉の震えを意識することが大切なのです。

その為に、ただ息を吐きだすだけではなく、音階の音源に合わせてリップロールをすると、無意識に喉を意識してリップロールができるので、是非やってみてください。

音源も用意していますので、ご活用ください。

【ボイトレ用】音階音源【オンガクノセカイ】

また、唇を強く閉じてしまうと、うまく震えてくれないので、軽く閉じる程度にするといいですよ!

リップロールの動画

高音になるとリップロールができない人は

タングトリルという選択肢

高音になるとリップロールができない、また、そもそもリップロールが全くできないという人は、タングトリルで代用できます。

実は、タングトリルは、リップロールよりも喉が大きく震える為、人によっては、タングトリルのほうが効果が出やすいこともあります。

高音でリップロールができない人も、簡単にできる人も、リップロールとタングトリルの両方を練習に組み込むことで、より効果がでるかもしれません。

余裕のある人は、両方を練習してみましょう!

タングトリルのやり方

  1. 上顎に舌をくっつけます。
  2. 巻き舌で、「ラ行」を意識して、腹式呼吸で息を出していきます
  3. 10秒間息継ぎ無しで息を均一に吐き出していきます

↓タングトリルのやり方を詳しく見る
タングトリルは最高の喉の体操!じわじわ効いてくるから毎日やろう!

こちらも、音階に合わせて練習すると、より効果を得られますので、是非練習してみましょう!
【ボイトレ用】音階音源【オンガクノセカイ】