【ボカロランキング1000】ボカロを愛する1000人が選んだボカロを大集計!→ 記事を確認

エッジボイスで掴む!シャープで心地よい喉の転がし方!

エッジボイス」(別名「ボーカルフライ」)は、喉が閉鎖する感覚を鍛えるのにとても役立つ練習法です。

エッジボイスでのトレーニングを行うことで、歌唱にとって、とても良い効果をもたらしてくれますので、今回はこのエッジボイスでのトレーニングをご紹介します!

エッジボイスとは

エッジボイスとは、喉を閉鎖させ、できるだけ息漏れが少ない状態で、軽く音を出す発声のことです。
反対に、息を多く取り入れた発声はウィスパーボイスと言われています。

エッジボイスもまた、毎日行うことで、歌唱に磨きがかかってくるトレーニングなので、毎日行うと効果的です。

エッジボイスの効果

オトネコ

エッジボイスの効果はこれだ!

喉の閉鎖(へいさ)の感覚をつかみやすくなる

喉の閉鎖と言っても、無理に喉を締め付けるということではありません。

息の抜けすぎを意図的に防いだり、楽曲によって、声色を変えたりする必要がある場合が出てくるかと思いますが、エッジボイスを行っていくことにより、喉の閉鎖感覚を掴みやすくなり、結果的に表現の幅が広がります。

無理のない発声の癖をつけられる

エッジボイスを行う際、喉の力はいりません。というより、力を入れてはいけません。喉の力を抜いて、できる限り脱力をして行うトレーニングなので、結果的に、無理のない発声の癖がつくようになります。

喉を適度に温めることができる

エッジボイスを行うと、喉の周辺が小刻みに震えます。喉を程よく刺激でき、血流の改善が期待できます。その為、喉の怪我の防止や、喉のコンディションを整えることができます。

芯の通った声を出す感覚をつかみやすくなる

エッジボイスにより、喉の閉鎖感覚を掴めれば、意図的に、息もれの少ない声を出すことができます。息もれが少なくなることで、芯の通った声が出せるようになり、表現の幅もぐっと広がります。

エッジボイスのやり方

  1. 喉の力を抜いて、楽な姿勢になります
  2. ガラガラ声(呪怨の幽霊の声をイメージしてください)で軽く声を出します
  3. 10秒間声を出し続けます(必ず喉は脱力してください)

10秒出したら水を飲んで少し休憩して、繰り返します。少しでも喉に違和感を感じたら、そこで中止してください。
慣れてきたら、音階をなぞってエッジボイスを出す練習をすると、より効果的です。

エッジボイスと鼻腔共鳴を感覚的に体に叩き込もう

エッジボイスのお手本動画

 

エッジボイスのコツ

エッジボイスのコツは、脱力です。脱力無しにエッジボイスは無いと思ってください。もし、力が入っていれば、それはエッジボイスとは言えません(少なくとも、ボイストレーニングでいうエッジボイスでは)

それほど、エッジボイスには脱力が欠かせません。

また、そもそも喉の筋肉が硬いと、エッジボイスがやりにくかったりするので、そういう人は、ストレッチを含めて練習していくと、できるようになるかもしれません。

歌上達の早道はストレッチにあり。体が伸びると歌も伸びる!

高い声=喉を締めるではない

エッジボイスで高い声を出そうとして、無理に喉を締める発声は絶対にやめてください。喉を壊す原因となったり、下手をすると、喉にポリープができてしまう原因にもなってしまいます。

歌の上手い人達は、高い音程でも、楽に発声しています。エッジボイスも例外ではありません。

低い音程でも無理なく発声できるようになってから、徐々に音程を上げていく練習をしていくといいでしょう。