【ボカロランキング1000】ボカロを愛する1000人が選んだボカロを大集計!→ 記事を確認

楽器をオークションで売買するメリット・デメリット【注意点】

楽器 オークションのメリットとデメリットについて紹介していきます。

不要になってしまった楽器が家に眠っていることはありませんか?多く楽器は買った時にはそれなりの値段のするものが多いと思われます。その楽器を二度と使わないという気持ちがあるのなら、家に宝を眠らせて置いてももったいないです。中古品を放置する時間が長ければ、楽器の状態は悪くなってしまいます。使っていなくても劣化は進んでいくのです。
また楽器を始めようと思うけど、楽器は高いので安く手に入れたいという方もいると思います。実際に楽器演奏してみたら、イメージと違って続かなかったというケースは沢山あります。既に楽器演奏をしている方はもっと良い楽器が欲しくなってくるものです。

オークションで売買するメリットとデメリットについて買う側と売る側を分けて考えていきましょう。

オークションで楽器を買うメリット

まずオークションで楽器を買う側の立場メリットです。
始めてみようと思う楽器を安く手に入れたい場合です。その楽器演奏が続くかどうかわからない時に、大きな出費を避けられます。

またその楽器にある程度精通している方には掘り出し物が出てくる可能性が高いのです。欲しかったけど値段が高くて諦めていた楽器が、オークションでかなりリーズナブルな値段で出ていた場合は大きなメリットです。

エレキギターなどはかなりレアなものが出品されている場合があるので、欲しいと思っている方はオークションを時々チェックしてみましょう。欲しい楽器の出品者にコンディションや購入した時期や楽器店など詳細な質問をしてみましょう。写真ではわからなかった欠陥がある場合もあるので、慎重に行動する方が得策です。管楽器などは特に慎重に精査する必要があります。新品で買った場合、かなりの値段のするものが驚くような安い値段で出ている場合もあります。また出品者は買ってはみたもののあまり使わず新品同様のコンディションで出品されていることがあります。いづれにしても見極めが大事です。良い楽器やレアな楽器が安く買えるというのは、大きなメリットではないでしょうか。

オークションで楽器を買うデメリット

楽器をオークションで買う側のデメリットです。
なんといっても現物を試奏できないのでコンディションがわかりにくいことです。出品者の情報が不足していた・梱包などが雑で自分の手に渡ったときには「こんなはずではなかった・・」という状態で楽器を手にするという大きなリスクがあります。

楽器に限らずですがオークションにありがちなトラブルというものも考えなくてはなりません。また自分が想定していた音が出ないこともあります。中古の楽器 オークションの場合には、一度コンディションに関わらず、楽器店で見て貰ってクリーニングや調整などの必要があります。その状態が悪ければ、修理にかなりお金がかかってしまう可能性が高いです。結局かなりの出費になったしまったという結果であれば、大きなデメリットと言えるでしょう。大きなリスクもあることを忘れないようにしましょう。

オークションで楽器を売るメリット

次に楽器をオークションで売る側の立場でのメリットです。
使わなくなった楽器を売る場合、リサイクルショップや中古楽器店に行くことが先に思いつくと思います。そこで査定金額に驚かれる方も多いと思われます。

ほとんどの楽器の場合の相場は状態にもよりますが、新品同様でも五分の一くらいの値段でしか買い取って貰えません。また査定の方が全ての楽器に精通している訳ではないので、良い楽器だとしてもそれに気付かずに査定されます。楽器を持っていったけど、それなら家に置いておいた方が良いと思い直された方も多いのではないでしょうか?

オークションでは楽器に精通している人も見ていますので、良い楽器や新品同様の楽器でしたらかなり高値で落札される可能性もあるのです。
楽器を買ってみたけど結局興味を失ってしまったから、少しくらいの小遣い程度になればいいと思っている方には、双方大きなメリットがあります。楽器のコンディションはかなり良い状態なので、時間が過ぎていく前に売ってしまうというのはお勧めです。新品でも時間が経てば、メンテナンスが必要なほど劣化していくからです。

その楽器をかなり高い値段で買ってしまって、それなりの値段で売りたい方にはオークションは一番お勧めの方法でしょう。売る時にはマナーとして、自分で出来るお手入れは丁寧にしておきましょう。梱包も相手に渡った時に、楽器のコンディションが変わってしまっていたということにならないように慎重にしましょう。メリットは、リサイクルショップや中古楽器店よりも高い値段で売れるということです。

オークションで楽器を売るデメリット

次にオークションで売る側のデメリットです。

最初の設定金額を高くしてしまうと落札者が出ないので、安い金額から始めます。でも中々高値で落札してくれる人が出なくて、結局安い値段で売ってしまった場合です。

手間などを考えれば中古楽器店で売った方が良かったと思うこともあるかもしれません。また自分には非がなくても後からクレームを受けることも覚悟しておいた方が良さそうです。

買う側も自分の都合の良いように想定している場合もあります。またオークションに出すというのは、1日に何度もネットにアクセスしてチェックすることになります。大らかな性格なら大丈夫だと思いますが、神経質な性格の人には向かない売買方法だと思われます。

また無事に落札されてからも大変です。仕事が急に忙しくなったとしても、自分で楽器を梱包するのはかなり大変な仕事です。楽器はかなり繊細なものですので、梱包は丁寧にしっかりとしなくてはならないのがデメリットと言えます。

また大きな楽器や重い楽器などは送料が思っていたよりも掛かってしまったということもよくあるようです。オークションに出す前に送料はどれくらいかかるのか、梱包は自分で出来るのか確かめてみましょう。デメリットは、想定よりも安い値段でしか売れなかった・手間がかなり掛かるということです。更にクレームを受けることもあるということです。

また、オークションで楽器を売った場合、予期せぬトラブルや事故に遭うケースもあります。偽物だとケチをつけられたり、そもそも本物だと思っていたものが偽物だったり、配送中に傷が付いてしまうことも多々あります。

そういったことを極力避けたいのであれば、査定が無料のオンライン買取を試してみるのもいいかもしれません。

査定が丁寧な査定料無料のネット楽器買取店の記事↓

楽器を売るにはどこがいい?「損」をしない為にしっかりと選びたい査定屋さんはこれ!

 

楽器 オークションの売買のメリット・デメリットについてまとめてみました。1つの参考になれば幸いです。結論として楽器のオークションは買う側も売る側も慎重になる必要があるということです。それを頭に留めておけば、良い売買が出来ると思われます。