家に眠っている楽器をどこよりも高く売りましょう。→ 記事を確認

「歌ってみた」の著作権問題について。”知らない”では大変なことになるかもしれません。

音楽著作権や法律、用語リスト(簡単な説明付き)

著作権自分の制作物を、他者が使用することを拒否できる権利。かみ砕くと、「作詞、作曲者」の為の権利。著作物を使用するには、著作権者の許諾が必要。
原盤権一般的には、録音、編集等を行って、完成した音源に対する権利のこと。簡単に言えば、自分が録音した曲を、他者が使うことを拒否できる権利。(著作隣接権の一つ)
著作隣接権「著作物を世間に広める人が持つ権利」のこと。CDで言えば、「放送局」「ボーカルやギター等の実演家」「レコード会社」等が、「著作隣接権保有者」です。
JASRAC音楽の著作権の管理を行う団体。数多くの楽曲が、JASRACのデータベースに保管され、管理されている。JASRACのデータベースに登録されている場合は、「楽曲使用の際にJASRACの許可を得る」必要がある。

【歌ってみたYoutube編】著作権はどこまで及ぶのか

「著作者の制作物のインストを使用」は即アウト

先ずはインスト(楽器で構成された曲)の使用についてお話しします。

わかりやすい例で言うと、アーティスト等の著作者が販売しているCDがありますね。そのCDの中に、歌手の声が入っていないオフボーカルの曲があることがありますが、このオフボーカルのインスト曲をそのまま権利者の許可なく使用し、歌ってみたの動画を投稿してしまった場合には、(原盤権)を侵害してしまいます。

その為、CDに録音されたインストの使用は漏れなくアウトとなります。(著作隣接権者の許諾を得ている場合を除く)

また、カラオケ等を録音し、そのままYoutubeに投稿するなどした場合も侵害となってしまうので、注意が必要です。過去に、カラオケ動画をYoutubeに投稿した男性が、訴えられ、敗訴した事件も発生しております。

弾き語り(楽器を使用)での歌ってみたを投稿する時の著作権について

では、楽器を演奏しながら歌う「弾き語り」はどうでしょうか。

いきなり答えを言いますが、弾き語りであれば、Youtubeに投稿しても問題はありません。

何故なら、Youtubeは音楽の著作権に関して、権利団体の「JASRAC」と包括契約を結んでいるからです。

簡単に言えば、Youtubeの運営者(google大先生)が、私たちの代わりに曲の使用料をJASRACに支払ってくれていると考えればわかりやすいかと思います。

なので、個人がYoutubeに弾き語りの動画を投稿することができるのですね。

ただ、一つだけ注意が必要なのが「広告を付けると、権利者に対して使用料の支払いが必要になる」点と、「JASRACに登録されていない楽曲に関しては、権利者に直接許諾を得ることが必要」な点です。

歌ってみたで広告収入を得ようと思っている方にとっては、少し顔色が悪くなりそうな話ですよね。

権利者に無断で広告収入を得てしまうと、その時点で権利を侵害してしまいます。

広告を表示させたいのであれば、権利者にしっかりと使用料を支払いましょう。



DTMで作った曲で歌ってみたをやると著作権侵害になる?

DTMで作ったBGMで歌ってみたを行っても、弾き語りと同様、問題はありません。

これも、Youtube運営陣(google大先生)がJASRACと包括契約を結んでくれているからです。

しかし、こちらも例によって無断で広告を表示させることは禁止されています。

カラオケチャンネルの音源を使う場合は?

たまに、Youtubeでカラオケの音源を作って流しているチャンネルがありますが、その音源を無許可で使用して歌ってみたを投稿するのは大丈夫なのでしょうか。

答えはアウトです。

実は、これは(原盤権)を侵害してしまうんですね。

もしそのようなチャンネルの音源を使用したい場合には、動画の投稿者の許諾を得る必要があります。

Youtube内で広告が無くても、広告が貼ってある外部サイトに動画を埋め込むのはNG?

はい。そうなんです。例えYoutubeで広告を表示していなくとも、外部の収益化されたサイトに動画を埋め込むことはアウトなのです。

埋め込みではなく、単なるリンクであれば動画を紹介することは可能ですが、埋め込んでしまった時点でアウトとなりますのでご注意ください。

個人でJASRACや権利者と契約すれば万事OK

色々考えるのが面倒な人は、JASRACや権利者に問い合わせをしてみましょう。

きっと、前に進めるはずです。

また、JASRACの楽曲使用の際の料金シミュレーションもできますので、こちらで確認してみるのもいいでしょう。→JASRAC 公式サイト 手続きのご案内

要約すると

Youtubeでの歌ってみたで、権利者の権利を侵害しないやり方は

  • 自分で演奏した、または作曲ソフトで打ち込みをした音に乗せて歌うのはOK。ただし広告を挿し込む場合は権利者や権利団体との契約が必要。
  • CD等のインストを使うのはアウト。使う場合は、権利者や権利団体との契約が必要。
  • カラオケチャンネルの音源を使う場合は、投稿者の許諾が必要。

ということになります。

Youtubeで歌ってみたをやりたいと思っている方は、ご留意ください。

【歌ってみたインスタ(instagram)編】著作権はどこまで及ぶのか

インスタは、権利団体JASRACと包括契約を結んでいなかった為、アウトだったが…

以前はアウトでしたが、2019年8月13日に更新された包括リストにInstagramがインしておりました。

どういうことかと言うと、JASRACがInstagramとの包括契約を交わしたので、カバーの投稿ができるようになりました!ということです。

例によって、弾き語り等以外のアウトな投稿は厳禁です。

まずアウトです。グレーでもなんでもなく、まっくろくろすけのアウトです。

JASRACに登録されている楽曲をインスタに上げる場合には、JASRACと使用料の契約を結びましょう。

さもなければ、どこぞから情報を聞きつけ、メッセージが来ること必至です。

JASRACに登録されていなければ、権利者に直接連絡して許諾を得てください。

JASRACと包括契約を結んでいるサービス一覧

2019/11/9更新

JASRAC管理楽曲を含む動画をアップロード可能なサービス
・アフリカTV
・アメーバアプリ
・17Live(イチナナ)(※)
・Instagram
・Weddy Weddy
・うたオン
・うたスキ動画
・うたスキミュージックポスト
・OPENREC
・KARASTA
・ガンダムファンクラブ
・kukuluLIVE
・cavetube
・Gatebox Video
・斉藤カラオケ
・C CHANNEL
・すきっとねっと
・Stickam JAPAN!
・Stager Live
・sprasia
・SHOWROOM(※)
・ツイキャス
・Twitch
・Dailymotion
・Tik Tok
・Topbuzz Video
・ナカノヒトライブ
・755(ナナゴーゴー)
・ニコニコ動画
・Necfru
・ハコスコストア
・VIDEO Clipper
・Facebook
・FREEWORLD
・FRESH LIVE
・ふわっち
・Pokekara
・Pococha
・mysta
・MixChannel
・YouTube
・LIVESTRUCK!
・LINE LIVE
・Rakuten LIVE
・REALITY(※)
■ブログサイト等(50音順)
JASRAC管理楽曲の歌詞掲載が可能なサービス
・アメーバブログ
・JUGEM
・Seesaaブログ
・textream
・はてなブログ
・プリ画像
・Yahoo!知恵袋
・Yahoo!ブログ
・ヤプログ!
・ライブドアブログ
・楽天ブログ

インスタグラムとは違い、これらのサービスはJASRACと包括契約を結んでいます。

自分が使用しているサービスが該当しているか確認してみましょう。

まとめ

JASRACはすごく儲けてるなぁと思った(小並感)

もし歌ってみたを投稿する時は、もう一度このページを確認してみましょう。