家に眠っている楽器をどこよりも高く売りましょう。→ 記事を確認

歌手になるには、環境が大事?【コネ】が無いとなれないの?

「大きな会場で歌いたい」「有名になって自分の好きな音楽を聴いてもらいたい」

歌手を目指す人であれば、誰しも一度は夢を見ますよね。

しかし、どうすれば歌手になれるのかわからないという方は多いのではないでしょうか?

そんな方のために、無名の状態から歌手になった私の知人がとった行動をご紹介しながら、

歌手になるにはどうしたらいいかご紹介したいと思います。

 

歌手になるにはどうしたらいいの?

 

歌手を目指しているが、有名になるにはどういう行動をとるべきなのか

わからないという方は多いのではないでしょうか?

努力だけではなかなかたどり着けない道だからこそ、努力する方法は間違えたくないと

思いますよね。なるべく早く歌手になりたいと考える方は多いですが、まずは地道な努力が必要です。

なにから始めていいかわからないという方向けに、歌手になるにはどうしたらいいかお伝えします。

 

歌手のオーディションを受ける

歌手になるための手っ取り早い一歩として、オーディションを受けるという方法があります。

オーディションから歌手になるまでのイメージがつかないという方向けに、

歌手になるための主な流れもご紹介します。

 

書類審査→実技・自己PR→合否発表」が主な流れです。

応募さえすれば、誰もがオーディションに出られるわけではありません。

氏名や年齢などのプロフィールや自己PR、応募動機などを書いて応募し、

書類審査に通った方だけがオーディションを受けられます。

 

実際のオーディションでは自分の歌を披露します。

歌手のオーディションだからといって歌だけで審査されるのではなく、

特技や趣味を披露する場面もあるので、事前に準備しておきましょう。

 

晴れて合格した方にはオファーが来るので、その後の音楽活動は

オーディションを主催した会社と一緒に考えていきます。

 

オーディションと一言でいっても、主催する会社が違うとその後の音楽活動も変わります。

オーディションには主に下の2つの種類があります。

  • レコード会社が主催しているオーディション
  • プロダクションが主催しているオーディション

 

内容は特に変わりませんが、オーディションに合格した後の音楽活動が変わります。

レコード会社はCDを制作し宣伝・販売を行う会社なので、

レコード会社主催のオーディションに合格すれば、

レコード会社の販路を使って自分たちの音楽を宣伝してくれます。

 

プロダクション主催のオーディションに合格した場合はレコード会社とちがい、

販売力・宣伝力は劣りますが、プロダクションごとにカラーが違うので、

自分たちの音楽スタイルに合わせて歌手になるためのサポートをしてくれます。

 

大手レコード会社の販売力・宣伝力を利用し歌手になるのか、

自分たちの音楽を貫いて歌手の基礎や音楽業界で生き残る方法を学ぶのか、

考えてオーディションを受けてみてくださいね。

 

ただしオーディションに受かったからといって絶対有名になれる訳ではないので、

オーディション以外の方法もご紹介したいと思います。



歌手育成の専門学校を受ける

 

歌手になるために歌手育成の専門学校で勉強するという手もあります。

学校にもよりますが、シンガーソングライターコースやボーカルコースなど先攻が別れており、ボイストレーニングや作詞・作曲、楽器演奏、音楽理論などを授業形式と実践形式で学ぶことができます。

 

年に何回か学校主催のコンサートやコンテストが開催されるので、そこでレコード会社やプロダクションに目を付けてもらえれば絶対とはいえませんが歌手の道が開けます。

 

専門学校で歌手になるための勉強をするメリットは、

  • 同じような夢を持つ仲間ができる
  • 全く音楽の知識がないところから音楽の勉強ができる
  • 専門学校卒業という学歴がつく

 

シンガーソングライターとして活動していきたい人にとってはとても魅力的なのではないでしょうか。

 

同じように歌手を目指す人たちと出会うことはなかなかないため、

「本当に自分は歌手に向いているのだろうか?」

「夢を諦めて就職などの現実的な道を歩んだ方がいいのでは」

と不安になってしまう方もいると思います。

一緒に頑張る仲間がいるだけで切磋琢磨できますね。

また、音楽の知識がない人が基礎的なことから学べる機会はそうそうありません。

 

反対に専門学校に通うデメリットはどんなものがあるのでしょうか。

  • 学費が高い
  • 行っただけでなんとかなる気がして積極的になれない
  • 音楽の知識がなくても入学できるので、正直歌唱力のない人もいる

 

学費は1年間で100万くらいかかるところもあります。

専門学校に行ったら必ず歌手になれる訳ではありませんが、行っただけでなんとかなってしまうという錯覚に陥りがちです。

 

また知識がない状態でも入学はできるので、正直歌がそんなにうまくない人もおり、モチベーションを自分で保つことが苦手な人にとっては大変でしょう。

 

専門学校へ行ったとしても、せっかく出会えた音楽業界の人に自分を売ったり、授業外でも講師に話しかけ音楽について勉強したり、積極的に行動しましょう。

 

 

路上ライブでファンを獲得する

駅前や人通りの多い交差点で路上ライブをしている光景を

誰しも見たことがあるのではないでしょうか?

「コブクロ」や「ゆず」など、有名歌手の中には路上ライブからプロダクションやレコード会社にスカウトされて、歌手になった方もいます。

私の自宅付近でも毎日路上ライブをしている20代のバンドグループがいましたが、

今度武道館に立つことが決定したらしく有名になっていました。

路上ライブはなかなかお金にならず歌手になれる可能性は低いですが、

努力と才能で歌手になった方もいるので、1つの有効な手段です。

 

Youtubeで歌を投稿する

Youtube上で自分の歌を披露するのも歌手になる手段の1つです。

最近ではYoutubeで歌を披露し続けて有名になった歌手もいます。

 

もし才能があればプロダクションやレコード会社からオファーの可能性があるので、

Youtubeで活動する人は定期的に投稿しましょう。

 

才能があれば視聴回数があがるので、自分の実力もわかって便利です。

私の知人はYoutubeでバンドのライブ演奏をしつつ、SNSで告知や宣伝をし、有名になっていきました。

 

歌手はコネがないと難しいのか

歌手はコネがないと有名になれないのかという疑問は、歌手を目指す方であれば、

全員気になるところなのではないでしょうか?

コネがなくても歌手になれるのか、コネが必要な場合どうやってつくったらいいのか

ご説明します。

コネがあると有利なのは間違いない

コネとは英語で「コネクション」のことで、「連結・結合」を意味します。

誰でも作れるものではありませんが、接点さえ持てれば簡単に作ることができます。

 

音楽業界にある程度の影響力がある人から気に入られれば、いろんな場面でサポートしてくれるのでコネがあった方が音楽業界で有名になるのは有利です。

 

どんなに才能があって努力をしていても、歌っているのをプロデューサーに見てもらえなければ

なかなかその後につながるのは難しいので、コネがあった方が音楽業界に関係のある人に見てもらえる可能性があがります。

 

コネがない状態で有名な歌手になった方もいますが、努力や実力だけではなく、運も必要です。

 

歌手への近道「コネ」はどうやって作るのか

歌手として有名になるにはコネがあった方がいいのはわかりましたが、実際どうやってコネを作ればいいかわからないという方は多いでしょう。

音楽業界でコネをつくるには、スタジオやライブハウスで働くのが1番の近道です。

スタジオやライブハウスには有名な歌手や音楽プロデューサーが訪れる可能性もありますし、店長さんやPAさんがそういった方と知り合いの可能性もあります。

気に入られれば紹介してもらえるチャンスです。

 

また、音楽の専門学校に通い音楽業界の人とつながりのある講師と仲良くなるという方法もあり、

気に入られれば、音楽業界の有名会社へ紹介してもらえる可能性があります。

 

 

コネがなくても努力次第で可能

コネがなくても努力次第で歌手になれる方法はあります。

路上ライブやYoutubeへの投稿で、歌手として有名になった方もいます。

 

ただし、ここで重要なのはただやみくもに努力しても歌手になれる可能性は少ないので、

できるだけレコード会社や音楽プロデューサーの目に触れることを意識してください。

 

たとえば、

  • 路上ライブは音楽業界の人がいる可能性が高いところでする
  • YoutubeやSNSを頻度よく活用する
  • ただ音楽学校に通うのではなく、そこでコネを作る

 

などです。自宅近くで路上ライブをしたり、学校に通うだけで満足をしていては

なかなか歌手として成功はできません。

努力の方向性が合っているか、立ち止まって考えてみましょう。

 

歌手に求められるもの

歌手に求められるものを6つご紹介します。

才能も必要ですが、最初から身に付いていなくても努力で身につけられるものも

あるので、歌手をすぐに諦めないでくださいね。

 

1.歌唱力

当たり前ですが、歌手になるには歌がうまくないといけません。

歌唱力は生まれ持った才能と思われがちですが、ボイストレーニングで

歌唱力はある程度カバーできます。おなかからうまく声を出す方法、音程をとる方法、

抑揚の付け方など、努力は必要ですがトレーニング次第で上達します。

 

2.声質

ただ歌がうまいというだけでは歌手にはなれません。

テレビやネットで見る有名な歌手は、歌っているのを見なくても声を聴いただけで、

なんとなく誰が歌っているのか予想がつきますよね。

歌唱力だけでなく、その人自身が持っている特徴的な声質が必要です。

 

3.パフォーマンス力

テレビに出たり、ライブをしたりする場合にはファンを楽しませる

パフォーマンス力も必要です。

オーディションの際、歌うだけでなく特技や趣味を披露させられるのは

パフォーマンス力が試されています。

はじめからパフォーマンス力を持っているという人はいないため、

音楽事務所が一緒に戦略を立ててくれたり、自分自身でライブに行ってファンを楽しませる方法を

学んだり、努力次第で後から身につけることができるので今はないという方も安心してください。

 

4.個性的なキャラクター

その人自身の性格や行動、発言、ファッションセンスなども歌手に求められます。

ただ単に面白い性格や明るい性格であればいいというわけではなく、

おだやかな性格や優しい性格が受け入れられることもあるので、自分を着飾るのではなく、

素直に自分を表現しましょう。

 

5.素直さ

歌手になれば自分の好きな音楽を100%表現できるというわけではありません。

ファンに支持されるために時には自分の表現したい音楽や歌い方を

変えなくてはならないことがあります。

アドバイスを素直に受け入れ、自分を変える努力ができなければ、

歌手として有名になることはできないでしょう。

 

6.ルックス

絶対的に必要という訳ではありませんが、あれば尚良いです。

歌手としてメディアに出演したい場合はルックスも重視される傾向にあります。

あとがき

みなさんいかがでしたか?

才能だけでも、努力だけでも歌手にはなれません。

芽が出るまで時間がかかるので、諦めないことも大切です。

まずは一歩踏み出して自分を表現することから始めてみましょう!

DJになるには!DJへの一番の近道をあなたにお伝えします。 ピアノ調律師になるには?ピアノが大好きなら【天職】なのか。 スタジオミュージシャンという選択肢。どうやったらなれるの?