家に眠っている楽器をどこよりも高く売りましょう。→ 記事を確認

カラオケで”確実に”「高得点」を狙う方法【DAM編】

いらっしゃいませ。オンガクノセカイ編集部です。

今回のテーマは、「DAMの採点で高得点を出す方法について」です。

「練習に練習を重ねても、なかなか点数が伸びない」

そんなお悩みを持った方が今このページを見てくださっているのかと思います。

今回はそんなあなたの為に、DAM採点で高得点を取る方法をこっそりご紹介させて頂きます。

カラオケDAM(ダム)で高得点を狙う方法

高得点を取る為に”特に”重要な項目

  • 抑揚
  • 音程
  • ビブラート、ロングトーン

以上の3つの項目は、DAMの採点で重要視されている項目TOP3です。この3つは、練習して確実にクリアできるようにしたい項目ですが、この他にも、DAMには細かな採点の方法が採用されています。後ほどその説明もさせて頂きますね。

カラオケでは必須。「抑揚」の付け方。

まず、DAMで採点をする場合に最も重要になってくる項目の一つが「抑揚」です。

抑える部分で抑えて、盛り上がる部分ではしっかりと音量を上げていくことが重要です。

また、多くは「サビ」の部分で一番盛り上がるようになっていますが、サビ以外でも抑揚を付けることも重要です。

例えばAメロやBメロ等の中でも細やかに、原曲に忠実に抑揚を出すように歌いましょう。

抑揚の配点を上げるコツ
急に声が大きくなったり、急に小さくなったりすると、機械は「コイツウタエテナイ」と判断してしまうことがあります。音量を上げ下げする時は「徐々に」を心がけましょう。もし、どれだけ練習しても、「どうしても声量をコントロールできない」という場合は、マイクを口から離したり、近づけたりすることで抑揚を”疑似的”につけることができるので、試してみましょう。その際も、機械に歌えていないと判断されないよう、ゆっくりと離したり、近づけたりしてください。

「音程」もしっかりと。機械に寄り添って。

 

採点で最重要と言えるもの、それは「音程」です。

せっかく音程以外で得点を出せているのに、音程が合わなければ得点が思う様に伸びない原因となってしまいます。

練習をする際は、まず「真っ先に」音程を重視して練習しましょう。

ただ、中には自分が出している音が本当に正確なのかわからないという方もいらっしゃるかと思います。

そんな方におすすめなのが、自分の声のピッチを測定する機械です。

自分の声の音程を確認できる機械をご紹介

Roland Vocal Trainer

こちらは、ボーカルの声の質を上げる為だけに開発された機械です。

リアルタイムで自分の声の高さを正確に測定し、表示してくれます。無自覚オク下も治せますよ。

また、驚くことに、この機械はただ単純にピッチを測定するだけではなく、歌唱の際のベストな姿勢やリップトレーニング等の、ボイストレーニングの解説、指南書と音源が内蔵されており、更には音源を録音できる機能までついています。

正に至れり尽くせり。管理人も愛用しています。

ビブラート、ロングトーンをマスターする。

ただ単にビブラートを連発するだけでは得点は伸びづらい

ビブラートの型の種類について

DAMのビブラートの種類は、「ボックス型」「上昇型」「下降型」「縮小型」「拡張型」「ひし形」の6種類があります。

・ボックス型

ボックス型は、波の大きさが一定のビブラートです。

・上昇型

上昇型は、音程が徐々に上がっていくビブラートです。

・下降型

下降型は、音程が徐々に下がっていくビブラートです。

・縮小型

縮小型は、音程幅が徐々に狭まっていくビブラートです。

・拡張型

拡張型は、音程幅が徐々に広がっていくビブラートです。

・ひし形

ひし形は、音程が徐々に広がった後、徐々に狭まっていくビブラートです。

やや大幅なビブラートの方がコントロールもしやすく、得点に繋がりやすい

ビブラートで細やかなビブラート(いわゆる「ちりめんビブラート」)をする方がいらっしゃいますが、こちらはビブラートのコントロールもしづらく、得点が伸びにくいビブラートと言われています。DAMの採点でビブラートを入れるのであれば、ボックス型で、ややゆったりした大幅なビブラートを取り入れると点数が出やすい傾向にあります。

歌手を例に挙げれば、久保田利伸さんのビブラートがお手本のような素晴らしさです。

ビブラートMEMO
DAMはビブラートの秒数とうまさを見ています。ビブラートの合計秒数が、1秒未満だと、1ポイントも入らないので、覚えておきましょう。また、ビブラートを入れたつもりが、機械にビブラート判定されなければ、逆に減点対象になってしまいます。

ロングトーンを制して加点を狙おう

ロングトーンは、ある一定の長さ(0.5~0.6秒ほど)を、ずっとまっすぐな音程で歌えているかどうかを見ています。ロングトーン中にビブラートが入ってしまうと、ロングトーンは無効になってしまうので、注意が必要です。

ビブラートとロングトーンで、「安定性」の得点が上がる

先ほど説明した、ビブラートとロングトーンは、「安定性」という採点方式の項目の一つです。

ですので、ビブラート、ロングトーンを磨けば、自然と安定性の項目の点数アップが狙えます。

安定性で注意する項目は以下です。

  • ビブラートに満たない揺れ(声のかすれからくる揺れや、音幅の極端に少ないビブラート等)は、安定性に欠けるとして、減点対象になる。腹式呼吸を心がけ、ブレの無いまっすぐな声を目指すことが大切。
  • 浅いビブラートをかけたのに、機械にビブラートと判定されなかった時は大幅減点の恐れあり。深いビブラートを心がけよう。
  • ロングトーンで息が続きそうにない場合、バーの途中でマイクを口から離して音を切ると良い。不安定な声でロングトーンを続けると、逆に減点対象になってしまう。

カラオケでは「リズム」も採点の項目の一つなので注意!

それでは次に、リズムについて解説します。

走りのリズムは、タメのリズムより、やや大きな減点対象になってしまう

リズムには、本来のリズムよりも早いリズムで歌ってしまう「走り」と、本来のリズムよりも遅いリズムで歌ってしまう「タメ」がありますが、実は「タメ」のリズムよりも「走り」のリズムの方が、減点数が大きくなってしまいます。

走りにだけは一層注意して、歌うようにしましょう。

力を入れると更に得点UPが期待できる項目

こぶし

こぶしとは、演歌でよく使われる技で、本来の楽譜には載っていない「節」を付けるものです。簡単に言うと、元々の音程から一瞬音を外して、元の音程にすぐさま戻す方法です。

とてもわかりやすい例がありましたので、ご紹介します。

しゃくり

元々の音程より低い音程から入り、徐々に元の音程に近づけ、最終的に音を合わせる技です。

フォール

元々の音程より高い音程から入り、徐々に元の音程に近づけ、最終的に音を合わせる技です。

よくネガティブな印象を持たれ誤解されるフォールですが、フォールが多くても、減点の対象にはならないので安心してください。

配点が一番デカい。DAMの「表現力」についてちょっと説明

DAMで一番重要な項目は、「表現力」です。

精密採点DX「表現力」の構成項目

表現力の採点構成は、実は「抑揚」が90パーセントを占めています。その他10パーセントは上でも説明した「こぶし」「しゃくり」「フォール」の出現回数によって変動します。

「こぶし」「しゃくり」「フォール」の配点
「こぶし」と「しゃくり」「フォール」の配点は3つ合わせて0.5点満点で構成されています。ですので、こちらをマスターすれば0.5点は確実にアップすることができるようになります。0.5点は侮れません。何故なら、これらを除いた得点が、89.5点だった場合は、この小さな加点だけで90点台に乗せることができるようになるからです。たまに、これらを意識しないでもいいというブログを見かけますが、より高得点を狙うのであれば必須になりますので、是非練習してみましょう。

精密採点DXとDX-Gの違いについて

精密採点DXとDX-Gでは、DX-Gの方が点数が出やすい傾向にあります。

主に表現力の点数を取りやすくなっている印象です。同じDXとDX-Gが同じ抑揚点でも、表現力の得点は高くなりやすいです。

これは、恐らく抑揚以外のビブラートやこぶし、フォール等の配点が少し高くなっているのでしょう。

ただ、DX-Gで歌う時も、DXと同じような感覚で歌ってもDXよりも得点が出やすい傾向にあるので、この点についてはさほど気にしなくてもいいでしょう。

カラオケで高得点を取れる”DAMでの”おすすめ曲

まず、”DAMでの”と念を押したのは、DAMやジョイサウンド等、機械ごとに高得点が出やすい曲も違うからです。
今回は、DAMで高得点を狙えるおすすめの曲をご紹介します。

カラオケで高得点を取れる”DAMでの”おすすめ曲【男性編】

「海の声」 / 浦島太郎(桐谷健太)

「君が暮らす街」/ 清水翔太

「言いたいことも言えないこんな世の中は」/ 反町隆史

 

 

カラオケで高得点を取れる”DAMでの”おすすめ曲【女性編】

「ハナミズキ」 / 一青窈

「memories」/ 大槻真希

「セーラー服と機関銃」/ 橋本環奈

キーを変更して音程を合わせられるのであれば、男性編、女性編は無視して歌ってOK!

おすすめの曲に関しては、音程が滑らかに昇降する曲や、音域の狭い曲、全国平均点の高い曲等から選出しているので、もしキーを変更して、音程をとれるのであれば、どちらの歌を選んでも問題はありません。

自分が納得のいくまで、練習してみましょう!

カラオケで「高得点」が狙える曲!ドカンと300曲を一挙大公開! カラオケで高得点を取れる『アニソン』”確実”に高得点を狙えます!

あとがき

いかがでしたか。

今回は、DAMの採点という、ニッチなジャンルに絞って記事を書いてみました。

この記事が、あなたの今後のカラオケライフのお役に立てたのであれば幸いです。

目指せ!100点満点!