【ボカロランキング1000】ボカロを愛する1000人が選んだボカロを大集計!→ 記事を確認

スタジオミュージシャンという選択肢。どうやったらなれるの?

みなさんは、スタジオミュージシャンという仕事を知っていますか?

「バンドマンとして食べていきたい」「歌手として有名になりたい」など、音楽の仕事にあこがれを持つ方は多いですが、なかなか自分の作る音楽で有名になるのは難しいものですよね。

そんな方にとって、スタジオミュージシャンという仕事は希望の光になるかもしれません。

この記事では、スタジオミュージシャンとはどんな仕事か、スタジオミュージシャンになるにはどうしたらいいかなどを解説いたします。

 

現在ギターやピアノなど、楽器の演奏をたくさん練習している方にこそ、この記事は読んでいただきたいと思います。

 

 

スタジオミュージシャンとは

そもそも「スタジオミュージシャンってなに?」「よくイメージするミュージシャンと何が違うの?」と考える方も多いのではないでしょうか。

 

「ミュージシャン」と言われて私たちがイメージするものとの1番の違いは、「自分が表舞台に立つわけではない」というところです。スタジオミュージシャンは自分のバンドやグループで演奏をするわけではなく、他人のために演奏します。

 

他人のバンドやグループの演奏を陰で行うサポート的な役割を持ち、同時に作曲や編集を行う方もいます。スタジオミュージシャンはレコード会社や芸能プロダクションに所属する働き方と、フリーランスという働き方の2種類があります。

 

レコード会社や芸能プロダクションに所属し、スタジオミュージシャンとして働く場合は、会社と契約し、会社からスタジオミュージシャンの仕事をもらう働き方になります。

 

普通会社に勤めて働く場合は、毎月決められた給料をもらうのをイメージしますが、スタジオミュージシャンは給料が毎月支払われるわけではなく、完全歩合制です。

 

演奏1回に対してギャラが決まっているので、演奏した分だけ給料として支払われますが、会社がギャラを決めるので、仮に本来のギャラが3万円だったとしても、3万円全て支払われるわけではありません。

 

会社は利益を出す目的でスタジオミュージシャンと契約を結ぶので、本来のギャラは会社が受け取り、そこから給料を決めます。そのため、どんなに会社にギャラとしてお金が入ったとしても、あなたの手元に入るのは会社員の給料くらいです。

 

反対にフリーランスのスタジオミュージシャンは、1回の演奏にかかるギャラは全て自分の元に入ります。そのかわり、自分の価値を自分で決めて、仕事は全て自分で取ってこなければなりません。

 

ここだけ聞くと、安定しない仕事なのではないかと思われがちですが、実績や知名度があるスタジオミュージシャンであれば、フリーランスとして働く方が手元に入ってくるお金は多くなります。

会社に所属していない分、ギャラから会社の取り分はなくなるので、純粋にギャラが全て支払われます。

 

ただ、実績や知名度がない中でフリーランスとして働いているスタジオミュージシャンは、「日本スタジオミュージシャン連盟」という組織に所属し、仕事を紹介してもらっている方もいます。

 

実績がない状態でフリーランスとして働くのはかなり大変なので、会社と契約を結んで働き、実績を積んで有名になってから、フリーランスとして働くのがおすすめです。

 

スタジオミュージシャンになるには

通常ミュージシャンになるには、専門学校を出たり、オーディションを受けたりしますが、スタジオミュージシャンの場合は、どうしたらなれるのでしょうか。スタジオミュージシャンを目指す方向けに、スタジオミュージシャンになる方法をご紹介します。

スタジオミュージシャンのオーディションはほとんど行われていない

残念ながら、一般のミュージシャンのオーディションは年に数回開催されているものの、スタジオミュージシャンのオーディションはほとんど開催されていません。

 

「オーディションに向けて必死に練習し、合格すれば晴れてスタジオミュージシャンへの道が開ける」ということは少ないです。

 

では現在スタジオミュージシャンになった方は、どのようにして夢をかなえたのでしょうか。スタジオミュージシャンになるには、方法は1つではありません。いくつかご紹介します。

 

  • スタジオミュージシャンの専門学校を卒業する

スタジオミュージシャンの専門学校があり、音楽理論や楽器の演奏について学ぶことができます。現役でスタジオミュージシャンとして働いている講師に演奏を学ぶこともできるので、よりリアルな音楽業界について学ぶことも、高い技術力を学ぶこともできます。

 

  • 現在スタジオミュージシャンとして働く方に弟子入りする

現役でスタジオミュージシャンとして働いている方の中には、アシスタントや付き人を募集していることがあります。現役のスタジオミュージシャンのもとで働くことで、人脈もできますし、技術を学ぶこともできます。実際にこの方法でスタジオミュージシャンになった方多数もいます。

 

  • バンドで有名になる

スタジオミュージシャンになるのは、自分のバンドやグループで有名になって、個人としてデビューするという方法もあります。個人として有名になりスタジオミュージシャンになる方もいます。

 

  • 人脈を使う

スタジオミュージシャンの専門学校で、現役のスタジオミュージシャンとして働く講師と仲良くなったり、ライブハウスでアルバイトをしてスタジオミュージシャンと仲良くなるなどし、人脈を作るという方法もあります。人脈があれば、レコード会社や芸能事務所に紹介してもらえる可能性があります。

スタジオミュージシャンに求められるもの

スタジオミュージシャンに求められるものはもちろん「演奏力」です。他人の音楽をサポートし、陰で演奏するのですから、それなりの腕がないとスタジオミュージシャンにはなれません。

 

レコーディングの際は、スタジオをあらかじめ予約しておいてあります。決められた時間内に、ギター、ベース、ドラム、ボーカル、コーラスなど、全てレコーディングしなければならないため、「自分の演奏は1回でレコーディングを終わらせる」くらいの覚悟で挑まないといけません。

 

決められた時間内にミスをすることなく、演奏し終わるということが大前提です。

 

ここまでスタジーミュージシャンになるためには、演奏力がとても重要だとお伝えしましたが、演奏力さえあれば誰でもスタジオミュージシャンになれるというわけではありません。

 

演奏力以外にもスタジオミュージシャンには求められるものがいくつかありますので、ご紹介します。

スタジオミュージシャンに個性はいらない

スタジオミュージシャンは他人のバンドやグループの音楽を陰で演奏する人なので、自分の個性は必要ありません。演奏に自分なりの個性が出てしまう方には不向きの仕事です。

 

そのときそのときのクライアントとなるバンドやグループの個性に合わせた演奏ができる柔軟な方が求められています。また、バンドやグループの要望に応えられるだけの、演奏力もマストで必要です。

スタジオミュージシャンは初見で演奏できる?

音楽を一度も演奏したことがない、一度も聞いたことがない…という状況で、いきなり楽譜を見せられて演奏することができますか?スタジオミュージシャンはこのような初見演奏力が必要です。

 

「楽譜を見ただけでいきなり演奏するなんてできない」とはじめのうちは思うかもしれませんが、初見演奏力は練習すれば誰でもできるようになります。

 

いつもの練習のうち、新しい曲は楽譜を初見で演奏するようにしてみてください。他は、いつも通りの練習でかまいません。

スタジオミュージシャンの年収はどれくらい?

スタジオミュージシャンになるにはどうしたらいいのかこれまでご紹介してきましたが、収入面が気になる方も多いのではないかと思います。

 

残念ながら、スタジオミュージシャンの収入は、それほど高くありません。「好きなことを仕事に」しているので、一概には言えませんが、収入面は期待できないのが現状です。

 

スタジオミュージシャンの報酬携帯は、年収が決まっているというより、演奏1回につき報酬が支払われる場合と、時間制で給料を支払われる場合の2種類があります。

 

演奏1回につき報酬が支払われる場合は、リハーサルは1回につき3000円〜10000円、ライブは1回につき10000円〜50000円が目安です。

時間制で報酬が支払われる場合は、無名のうちは1時間あたり1万円弱が目安です。どちらの報酬体系であったとしても、知名度があげれば報酬も比例して上がります。

 

会社と契約してスタジオミュージシャンとして働く場合は、先述した通り、ギャラの全てが自分の手元に入るわけではありません。そのため、はじめのうちは年収は会社員よりも少し低い200万円ほどです。

フリーランスのスタジオミュージシャンとして働く場合は、上限も下限もありません。

スタジオミュージシャンの事務所はあるの?

一般的なバンドやグループは事務所に所属しているところも多いですが、スタジオミュージシャンにも事務所があるのか気になる方は多いのではないでしょうか。

 

実際にスタジオミュージシャンにも事務所がありますので、ご紹介します。

 

■Halftone Music

http://www.htmg.com/

 

■ROCK ON COMPANY

http://rockoncompany.com/

 

■Sony Music Artists

https://www.sma.co.jp/s/sma/?ima=0000#/

 

上記で挙げた事務所が大手になります。他にも小さな事務所もあり、まれにオーディションを開催しています。

 

まとめ

みなさん、いかがでしたか?現在「バンドマンや歌手として有名になりたい」と奮闘している方にとっては、スタジオミュージシャンとして働くのも、ひとつの道かもしれません。

 

ただし、今まで演奏してきた自分が好きなミュージックを表現をするような演奏は、スタジオミュージシャンには求められていません。

 

演奏するバンドやグループの色に合わせて柔軟に対応していかなければならず、それができない方にとっては苦痛かもしれません。

 

「ライブが好き」「自分の曲を作ることが好き」という方よりは、「楽器をひくことが好き」という方の方が、スタジオミュージシャンには向いていると言えます。

DJになるには!DJへの一番の近道をあなたにお伝えします。 ピアノ調律師になるには?ピアノが大好きなら【天職】なのか。 歌手になるには、環境が大事?【コネ】が無いとなれないの?