家に眠っている楽器をどこよりも高く売りましょう。→ 記事を確認

歌で”最も重要”な喉のケア!あなたの喉を守る素敵なアイテム達。

歌で最も重要な喉のケア!あなたの喉を守る素敵なアイテム達 

「喉のケアは何をしたらいいの?」 

「歌うとすぐに喉が枯れてしまう」 

「喉を守るアイテムを教えて欲しい」 

 

歌をうたっていると喉に感する悩み尽きないですよね。プロのボーカリストでもポリープが出来て活動休止する方も多いです。 

プロでも難しい喉のケア。どのようにすれば、好調な喉の調子をキープできるでしょうか? 

 

歌に欠かせない喉のケア!闇雲に試す前にまずここから! 

歌に欠かせない簡単な喉ケアを4つ紹介します。 

1.水分補給 

こまめに水分補給をとりましょう。 

 

声は喉の中にある声帯という2枚のひだが作り出しています。歌うときに声帯は何百回、何千回とこすれます。 

必要な水分を得られないと、声帯が赤く腫れ上がってしまうのです。 

 

炎症を防ぐためにも水分補給をしっかりとりましょう。 

 

常温の水がおすすめです。 

 2.加湿 

加湿をして喉の乾燥を防ぎましょう。 

喉は乾燥に弱いです。常に潤った状態を保ちましょう。 

 

加湿器を使用したり、濡れたタオルを室内にかけておくことがおすすめです。また口呼吸をやめて、鼻呼吸をすることで喉の乾燥を防ぐことができます。 

3.健康でいること 

喉にとって風邪は大敵です。風邪をひくと喉がイガイガしたり、声が枯れますよね。違和感のある状態で歌うとことはできるだけ避けましょう。 

 

適切な食事、運動、睡眠をとり、風邪を引かない健康な体調管理を心がけましょう。手洗いうがいを忘れずに。 

 

4.ストレッチ・ウォーミングアップをする 

スポーツ選手は運動を行う前に必ずストレッチをしますよね。 

歌も同じです。いきなり全力で歌うのはやめしょう。 

 

歌もスポーツと同じで、筋肉を使って行います。運動前にストレッチをするように、軽い発声練習をしましょう。 

 

おすすめはリップロールです。唇を閉じてブルブル震わせるトレーニングです。 

リップロールを行うことで声帯の血流をよくすることで声が出しやすくなります。 

  まさに必須級!「リップロール」の正しいやり方を伝授!

 

歌で喉が痛い原因は「間違った声の出し方」 

歌で喉が痛くなる原因は間違った声の出し方をしていることです。 

主に「無茶な発声」「息の吐きすぎ」の2つです。 

 

1.無茶な発声 

無理やり大きな声を出したり、現在の自分の音域を超えた声を出し続けると喉に痛みを生じてしまいます。声帯に無理やり力を加えることになるので傷ついてしまいます。 

 

身の丈を超えないように発声をしましょう。うまく歌をうたおうとすると余計な力を入れてしまう恐れがあるので、気をつける必要があります。 

 

2.喉が締まっている 

喉が締まっていると声帯が圧迫され、うまく振動できなくなってしまいます。この状態で無理に大きな声を出そうとすると、息を吐きすぎてしまい、声帯に過度な負荷をかけることになります。 

改善するには喉を開くトレーニングをしましょう。あくびをするときのような感覚を意識するとうまくいきます。 

歌にとっては最悪!アルコールが喉に与える悪い影響 

歌にとってアルコールは最悪。 

なぜならアルコールは声帯を乾燥させるからです。 

 

歌うためには水分を体内に十分とることが必須です。喉が渇いた状態になると通常より声帯の摩擦が激しくなります。すると声帯は腫れ、疲労が溜まってしまい、いい歌がうたえなくなってしまいます。 

 

以上のことから歌には水分が必須です。 

しかしアルコールを体内に取り入れると、摂取した以上の水分が体内から出ていってしまいます。 

 

アルコールを大量に飲むとトイレに行く頻度が増えますよね。 

この状態が長時間続くとひどい場合は脱水症状えおひき起こす可能性もあります。声や発声云々ではなく命にかかわる心配もあるのです。 

 

アルコールが体内の水分を奪う現象は喉にも最悪です。 

 

喉を守るためにも歌をうたうときにはアルコールを控えましょう。どうしてもアルコールを飲まなければいけないときは、いつも以上に力を抜いてうたうことをオススメします。 

 

歌った後に喉が痛い人はこれで治そう! 

歌った後に喉が痛いときに治す方法を6つ紹介します。 

 1.水分補給 

喉のケアの基本です。 

違和感を感じたときは、まず水分補給をしましょう。 

常温の水がおすすめです。 

 

2.マスクをする 

喉の乾燥を少しでも防ぐためにマスクをしましょう。 

普通のマスクでもいいのですが、濡れフィルターのついた保湿マスクを使うとより効果的です。 

 

3.部屋を加湿する

喉の乾燥は部屋の湿度も影響します。 

加湿器を使って部屋の中を加湿しましょう。 

加湿器がない場合は、濡れタオルや洗濯物を干したり、観葉植物を置いたりしても加湿できます。 

 

室内を適度な湿度に保って喉を乾燥から守りましょう。 

 

4.声を出さない 

喉が痛いときは声帯が炎症を起こしていたり、タコ(結節)ができていたりしているはずなので、出しはゼロにしましょう。 

 

つい声が出ないと不安で確認発声をしてしまいます。不安な気持ちはわかりますが、我慢しましょう。 

 

5.食べ物で改善 

喉の痛みは食べ物で改善することもあります。 

大根や蜂蜜などの食べ物は抗炎症作用を持っているのでおすすめです。 

 

またチョコレやお酒などの刺激物は厳禁です。 

 

3.病院に行く 

最終手段です。 

診察代・薬代がかかってしまいますが、病院に行くのが最も確実な対処法です。 

病院では喉の異変の原因をある程度特定し、即効性のある薬を処方してくれます。 

 

歌の前後の喉のケアに最適な商品はこれ! 

トップランド ボトル加湿器オーブ 

ペットボトルに取り付けるだけで簡単に設置できる加湿器です。倒れてもこぼれる心配がないので枕もでも安心です。 

小型なので持ち運びに便利です。 

 

1.カラオケボイスドリンク 

avex発のボイスドリンクです。喉の調子を整える成分「ハーブエキス」「ハチミツ」が配合されています。 

低カロリー、ノンカフェインなので様々なシーンで使用することができます。 

 

2.シルク製 マスクにもなるネックウォーマー 

シルクが喉の乾燥を守ります。やわらかな肌さわりで快適な使い心地です。 

首元も温められるので声帯を安静に保てます。 

歌を毎日歌うと喉は消耗するのか 

結論をいうと、歌を毎日歌うと喉は消耗します。しかし人によって消耗の速度が違います。 

 

例えば普段フルマラソンを走らない人が、毎日42.195キロ走ったら体力消耗しますよね。日常生活どころではないでしょう。 

 

歌も同じです。 

喉も体の一部。毎週のように2時間のライブを行なっている歌手なら毎日5時間の練習をこなせるかもしれません。 

 

しかし週に一度の2時間のカラオケでしか歌う機会がない人が、同様に毎日5時間の練習をしたら喉が消耗してしまいます。 

 

毎日練習してもいいですが、自分の適した練習時間を見つけましょう。 

まずは115分の練習から始めるのをオススメします。 

物足りなさを感じるようになったら少しずつ長くしていきましょう。 

 

あとがき 

喉は替えの効かない楽器です。 

 

仮にギターを壊してしまっても新しいものを買えば、再び演奏を続けることができます。 

しかし喉は新しいものに変えることができません。 

自分の喉は一生ものです。 

 

毎日歌を楽しむためにも、喉のケアは必要以上に行いましょう。